mv

個人の資産運用でマンション投資が近頃話題ですが

img

個人の資産運用でマンション投資が近頃話題ですが、その評判はどうなのか気掛かりですね。実際は、最後にその資産運用が収益となるか、残念ながらマイナスで終わるのかは個々のケースによるわけです。必要な検討をせずにマンション投資を始めると、その分だけ損失のリスクは高まりますね。ですから、節税効果がある・老後資金になる・インフレに強い資産などのメリットにばかり判断材料を求めず、きちんと将来の経済変動要素も判断材料に入れる必要があるのです。不動産投資を検討するなら、競売物件も選択肢の一つとして投資用不動産を取得してみませんか?競売物件とは、支払い不能によって、俗に言う“差し押さえ物件”となった不動産のことで、裁判所によって競売、わかりやすく言うと、オークションにかけられるのです。

競売物件の特長はやはり購入額がかなり安いという点でしょう。その側面として、様々な事情がある場合、物件の所有者のが不在なことが多かったり、物件の引渡し時に物件整理の手間がかかるといった事案も全くないわけではありません。元の持ち主がどのような人物か重点的に調べて購入に踏み切りましょう。不動産投資を初めてする人のための注意点をまとめてみましょう。投資物件を選ぶ時に注目するのが、利回りの高さです。想定利回りが高いほど、短期の内に借入の返済を達成し、その後は収益がそっくり自分の取り分にできるのです。ただ、ここで留意すべき点が、その利回り率とは表面利回りでしかないのか、コストも反映した実質利回りかという点です。

表面利回りには投資物件の管理コストなどが反映されていないですから、現実に掛かる管理コストを反映したネット利回りを試算してみる必要性がありますね。

不動産投資で節税する方法について簡単にご紹介してみましょう。始めに、所得税とは、所得額に対して課せられます。所得の額とは、収入から経費を控除した金額を指し、この場合は、経費に算入するものとして不動産投資に関わる費用が認定されています。固定資産税・都市計画税、修繕費、火災保険料、弁護士費用、宣伝費、建物の償却費、銀行借入の借入利子など、不動産関連の費用を収入から引くことができますから、その結果として所得税が削減できるというわけです。